野村つみたて外国株投信、楽天バンガードファンドがランキング1位を獲得

先週の週間積立ランキングの結果が出ました。

先々週の結果は、

●野村つみたて外国株投信(SBI証券)
積立件数ランキング 1位
積立金額ランキング 5位

●楽天全世界株(楽天証券)
積立件数ランキング 3位
積立金額ランキング 1位

●楽天全米株(楽天証券)
積立件数ランキング 1位
積立金額ランキング 2位

でしたが、先週の結果は果たしてどうなったでしょうか。


※よろしければ次の記事もご覧ください。

●iFreeS&P500、15億円を突破
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-603.html#more

続きを読む

続きを読む

アクティブファンドとは何か(セゾングロバラはやっぱりアクティブファンド)

1週間前に「【追記あり】セゾングロバラは指数の超過リターンを目指すアクティブファンドだった」という記事を書きました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-594.html#more

そうしたところ、さっそくセゾングロバラはインデックスファンドであると主張するブログが現れました。

●世界経済インデックスファンド、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、ほんとにアクティブファンドなの?
http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-2584.html

●「世界経済インデックスファンド」も「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」もインデックスファンドです
https://arts-investment.blogspot.jp/2017/10/blog-post.html


※よろしければ次の記事もご覧ください。

たわら先進国株vsニッセイ外国株vsインデックスe、SMTグロ株、Funds‐i外国株(17)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-601.html#more

続きを読む

たわら先進国株vsニッセイ外国株vsインデックスe、SMTグロ株、Funds‐i外国株(17)

ダントツの低コストファンドとして、2015年12月にさっそうと登場したたわら先進国株。

しかし、年0.05%のSBIポイントは付くものの(2017年2月1日以降)、年0.2%(投信保有残高1000万円以上の場合)の通常のSBIポイントは付きません。

そこで、外国株式インデックスe、SMTグローバル株式、eMAXIS先進国株、Funds-i外国株とリターン差を比較してみようというのがこの企画です。
これらは、たわら先進国株よりも0.15%多いポイントが付くことから、これ以上のリターン差がなければたわら先進国株の負けとなります。

なお、新御三家のひとつであるニッセイ外国株(たわら先進国株と同様に0.05%のみ付く)も一緒に比べてみました。

続きを読む

野村つみたて外国株投信のリターンの比較と積立買付専売の意味

私は、野村つみたて外国株投信の毎営業日1万円積立てを続けています。

●この投資信託がすごい(2017年9月、全世界株編)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-567.html#more

上記参考記事で検討したとおり、野村つみたて外国株投信は、

(1)業界最安の超低コスト
(2)巨大なマザーファンド
(3)抜群の安定運用

の3点で既存のインデックスファンドに優位するからです。

しかし、ベビーファンドはゼロからの立ち上げですから、一般に、ベビーファンドの純資産額が相当の規模になるまで、コスト、指数とのかい離率の2点で不利になります。

そこで、同じ指数の他社ファンドと比較してみます。

続きを読む

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

リスク資産は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
2017年10月10日より、SBI証券で野村つみたて外国株投信の毎営業日1万円積立てを実行中。
NISA口座ではVTの分配金を使ってVTを購入中。

無リスク資産は、個人向け国債変動10(みずほ証券と大和証券を行ったり来たり)で運用中。

パソコン版右端の「検索フォーム」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、推奨するファンドの具体名を明示しています。

たわら男爵のお勧め

インデックス投資の不朽の名著です。全ての答えがここにあります。

検索フォーム

他の投信ブログはこちら

管理