【基礎知識】なぜ投資信託は買値が分からない状態で購入するのか?

投資信託の基準価額と純資産額は、毎日、運営会社によって公表されます。

普通の買い物をする際は、値札を見ていくつ買おうか決めてから購入しますが、投資信託を購入する際は、前営業日の基準価額を目安に購入するしかありません。

実際の買値は、日本株であれば当日の18時ころに更新される基準価額、外国株であれば翌日の18時ころに更新される基準価額に基づいて計算されます。
これを「ブラインド方式」といいますが、なぜ投資信託はブラインド方式が採用されているのでしょうか?

続きを読む

続きを読む

PayPayの次回キャンペーンは少額決済中心の模様

ペイペイの20%残高バックキャンペーンが昨日の23時59分をもって終了しました。

ファミリーマートから情報が流出したせいもあって利用者が殺到し、18時ころから1時間以上システムがダウンする事態に見舞われるなど、ペイペイの決済手段としての信頼性に課題が残った締まらないフィナーレでした。

また、ペイペイにクレジットカードを紐づける際に何らの審査が要らないことを利用し、流出したクレジットカード番号をペイペイに紐づけてペイペイ決済をして商品を騙し取るという新たな犯罪の手口も考案されており、ペイペイの決済手段としての信頼性に新たな課題が発生しています。

さて、誰もが気になるのは、第2弾のキャンペーンは、いつ、どのような内容なのかということです。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●「たわら男爵15種」にリスクはあるのか?
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-1138.html

続きを読む

「たわら男爵15種」にリスクはあるのか?

たわら男爵15種100円投資」とは、100円積立×15種類の積立買付設定をし、1銘柄につき3楽天ポイントをゲットするというものです(15種類なのは、1日のポイント付与の上限が15回だからです)。
具体的なやり方は、下記リンク先の記事をご覧ください(くれぐれも楽天証券には聞かないでください)。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-427.html

楽天証券が毎営業日積立てに対応することを願って、たわら男爵15種の構成銘柄は15種類としています。
できるだけ時価総額比で購入していきたいことから、国内株1銘柄、先進国株8銘柄、新興国株1銘柄の構成比が理想ですが、超低コスト先進国株インデックスファンドが7銘柄しかないことから1:7:1としています。

続きを読む

続きを読む

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理